オンラインカジノで勝ったら税金を払わないといけない?

早速ですが、オンラインカジノって税金払わないといけないの?と思いませんか? はい、実は払わないといけないのです(*_*) 実は「オンラインカジノで当たった賞金は「一時所得」という所得に分類され、課税対象となります。 ただ、オンラインカジノで儲けたからといっても、必ずしも全員払わなければならないというわけではないようです! 確定申告が必要な対象者は、その年の1月1日~12月31日の間に50万円以上の収益を上げた人のみです。 オンラインカジノで稼いだお金は「一時所得」 オンラインカジノなどのギャンブルで稼いだお金は法律的に「一時所得」としてみなされ、課税対象となります。 「一時所得」とはいったいどんなものなのか説明します(*^-^*) オンラインカジノの税金:一時所得とは? 一時所得に対する定義は「営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得」となっています。 簡単に言うと、会社員の人がもらうお給料や事業者が生み出す利益などではなく、突発的に手にすることになったお金と考えた方がわかりやすいと思います。 一時所得に分類されるもの 国税庁の資料によると、一時所得に分類されるのは以下の5種類と定められています。 懸賞や福引きの賞金品(業務に関して受けるものを除く) 競馬や競輪の払戻金 生命保険の一時金(業務に関して受けるものを除く)や損害保険の満期返戻金等 法人から贈与された金品(業務に関して受けるもの、継続的に受けるものは除く) 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金等 オンラインカジノで稼いだお金は、この中の「①懸賞や福引きの賞金品」「②競馬や競輪の払戻金」にあたるため、税金を支払う必要があるのです。 オンラインカジノの税金:ほかのギャンブルでも収めてる人はいるの? パチンコや競馬をしている人が税金を納めているという話聞かないし、不公平な話ですが実際50万円以上の利益を出していても、確定申告を行い、税金を納めている人は少ないようです。 しかし、パチンコや競馬に税金がかからないというわけではありません。 パチンコや競馬も扱いとしてはオンラインカジノと同じで納税の義務があるのです。 ただ、パチンコや競馬といった他のギャンブルは、払い戻しを現金で行っているため、公的な記録に残りません。 そのため、税務署側が詳しくお金の動きを追うことが難しく、取り締まりを行いにくい状態なのが現実です!!! 簡単に言うと、「見逃してもらっている」ということですね(´;ω;`) それに対してオンラインカジノの払い戻しは銀行振込やATMなど公的な記録に残るため、税務署もしっかりお金の動きを管理しているのです。 それが理由で、忘れずに納税をするようにと注意されてしまいます。 オンラインカジノの税金: 確定申告は自分で 納税するといっても自分で納税したことがない方も多いと思います。 企業勤めの方ならば、企業側が税金関係の処理をまとめてしてくれるからです。 しかし、オンラインカジノの勝金はプレイヤー個人の収入ですので、自分自身で確定申告を行い納税する必要があります。 オンラインカジノの税金:申告時期は? 税金は、その年の1月1日から12月31日までに稼いだお金にかかります。 そして、その翌年の2月16日から3月15日の間に確定申告をします。 この時期の税務署は信じられないくらい混み合います。 みんな面倒で先延ばしにしてしまうのですが、実は確定申告時期の最終週が特に混み合うので早めに行きましょう! 確定申告に必要な書類 確定申告には事前に以下の書類を準備しなければなりません。 『国税庁 申告手続きの流れ』 給与所得や公的年金等の源泉徴収票(原本) 私的年金等を受けている場合には支払金額などが分かるもの 医療費の領収書等、社会保険料(国民年金保険料)控除証明書、生命保険料の控除証明書、地震保険料((旧)長期損害保険料)の控除証明書、寄附金の受領証など これらの書類を基に申告書などを作成し、確定申告をする事になります。 収支の証明としてオンラインカジノの運営元に支払調書を発行しておく事をおすすめします。 基本的に支払調書は確定申告で必ず添付しなければならない書類ではありませんが、申告書の作成の際には重宝します。 また、税務署から証明を求められた際にも使用できますので、取り寄せておきましょう。 オンラインカジノの税金:会社勤めでもしっかり申告しよう! 会社に勤めているプレイヤーの方は、確定申告をすると「オンラインカジノで稼いだお金がバレるのでは?」と不安な気持ちになりますね(*_*) 実は、確定申告書の2面【給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法】という欄にある【自分で納付(普通徴収)】にチェックを入れるだけでそんな悩みが解消されます ここにチェックを入れないでいると会社に届いて、さらに副業禁止の会社にお勤めの場合バレて大問題になってしまうので、チェックを入れておけば自宅に届くようになり一安心です 企業にお勤めの方は必ずチェックしてくださいね!!!

ランドカジノのマナーとは?コロナが落ち着いたらカジノに行こう!

まだまだ終息の気配が見えないコロナパンデミックですが、落ち着いたら誰もが旅行に行きたいはず! ランドカジノもその中の一つになると思います。 でもランドカジノにはマナーがあるってご存じですか? この自粛期間中にランドカジノのマナーについてお勉強しておきましょう。 ランドカジノとは?ランドカジノの定義 まず実際に「ランドカジノ」とはどんなカジノのことをいうのでしょうか。 これは簡単にいうと実際に店舗を構えて運営されているカジノのことです。 一般的にカジノと聞いて思い浮かぶ、ラスベガスやマカオなどのカジノがランドカジノと呼ばれるものですね。 そう、ということは必然的に海外に行かなくては遊ぶことができません。 日本でもIR推進法が可決され統合型リゾートの中にカジノもできることになりましたが、このラスベガスやマカオもそれと同じ一大観光施設と捉えてもらってよいでしょう。 観光地やリゾート地、ホテルもあるため観光も兼ねて娯楽としてギャンブルを楽しむことができ、大人だけではなくファミリーでも楽しむことができます。 2020年はコロナの影響によりランドカジノも多大なる影響を受けてしまっていますが、来年には大分観光客も戻ってくるのではと見込まれています。 ランドカジノにマナーはあるの? ランドカジノはイメージ的に高級なところ、お金持ちが行くところ、というイメージがあると思いますが、基本的には誰でも入れます。 カジノフロアへは年齢制限がありますが、カジノ以外のエリアであれば子供でも入店可能。 お父さんはちょっとカジノへ、お母さんと子供たちはショッピング、なんてこともできます。 ただカジノフロアだけはちょっとした決まりがあるのでこれは入店する前に確認するようにしましょう。 ランドカジノのマナー:年齢制限を確認 カジノはギャンブルなので年齢制限があります。 これは各国や地域によって違うため、事前にチェックするようにしましょう。 保護者同伴であれば子供も中に入れるのでは?と思うかもしれませんが大体のカジノでは保護者同伴でもNG。 家族で行く場合は気を付けてくださいね。 ちなみに主要な国での年齢制限はこちら。 アメリカ21歳以上 中国(マカオ)21歳以上 フィリピン21歳以上 シンガポール21歳以上 韓国19歳以上 オーストラリア18歳以上 イギリス18歳以上 フランス18歳以上 ドイツ18歳以上 スペイン18歳以上 もし上記の年齢制限に引っかからなくても日本人は幼くみられることがほとんどです。 ですのでいつでも証明書(パスポート)は携帯するようにしましょう。 私はラスベガスでお酒を頼もうとしたらパスポートで確認できるまで絶対に提供してくれませんでした(その時はすでに29歳だったのですが、、) 日本の免許証などは証明にならず(日本語のため海外では通用しない)、パスポートだけが証明になります。 ただ持ち歩くときは絶対に盗まれないように最善の注意を払ってくださいね。 ランドカジノのマナー:ドレスコードの確認 カジノにはドレスコード(服装の決まり)が大体あります。 ドレスコード、と聞くと女性はナイトドレス、男性はタキシード??なんて思うかもしれませんがドレスコードというのは、こういう格好はしてこないでくださいね、という程度のもの。 そのためにわざわざ服を用意する必要はほとんどありませんがヨーロッパの格式高いカジノはドレスコードが厳しいため、例えばモナコではスマートカジュアルが無難。 ジャケットもあれば雰囲気的には一層調和します。 折角なので上から下までおしゃれに決めてカジノへ行くのも楽しそうですね。 ヨーロッパはきっちりしているところが多いようですが、世界で見るとドレスコードはカジノごとにさまざまです。 ジャケットやドレス着用が必須の格式の高いカジノもあれば、襟付きシャツとパンツのスマートカジュアル(普通の格好)で入場できるカジノもあります。 さらに、もっとラフな姿で気軽に入れるカジノもあり、特にアジア県内のカジノのドレスコードはとても緩い傾向にあります。 年中暑い地域が多いため、きっちりとした服装では暑くてかなわない、といった背景がありそうです。 ですのでアジアのカジノは普通の格好で入れます。 カジノによってはTシャツでも別に問題ありません。 ただ、基本的にはタンクトップ+短パン+サンダルのようなラフすぎるスタイルはたとえ基準がゆるいカジノでも止められる可能性があるので、やめたほうが無難です。 タンクトップも上着があればOKのパターンも多いのでジャケットなどを持ち歩くとよいですね。 基本的には格式が高そうなカジノなら、事前にカジノの公式サイトをチェックするか問い合わせてご確認ください。 ランドカジノはフロア全体の雰囲気まで味わうもの。 自分も他のゲストにとっての景色の一部になるという気持ちで、相応の格好で楽しみましょう! […]